読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちーくんのブログ

プログラミング備忘録

MacでRuby on Railsの開発環境を構築する

Ruby on Rails

こんにちは。本日はRuby on Railsの開発環境の構築についてです。

今はCloud9のようなクラウドで開発できる便利なツールがありますが、やはり自分のパソコンに開発環境をつくりたいですよね?

ちょっと長いですが、Rails初心者の最大の壁である開発環境の構築を順を追って説明していきたいと思います。

ローカル開発環境に必要なツールとは

Railsを使う上でたくさんのツールが必要になります。基本的に全部無料です。下にツール一覧と簡単な説明も書いたので、なんとなくこういうものなんだなと思っておいてください。

Xcode

RubyをインストールしたりHomebrewを使用するために必要。
Xcode本体とCommand Line Toolというものをインストールする。

Homebrew

Mac専用のパッケージ管理ツール。
同じようなものとしてMacPortsという管理ツールがありますが、Homebrewの方が人気でよく使われているので今回はHomebrewを選択。

Ruby

島根で生まれたシンプルで直感的なオブジェクト指向の言語。
Ruby on Railsという名前からわかる通りRailsRubyで構成されている。

RubyGems

Rubyをインストールするともれなく一緒についてくる。
Ruby用のソフトウェアのパッケージ管理システム。

Ruby on Rails

本日の主役。Webアプリケーションフレームワークの鉄板でオープンソース
実はRails自体がたくさんのGemによって構成されている。


XcodeとCommand Line Toolのインストール

まず第一ステップ。それぞれ自分のパソコンにインストールする。

Xcode

XcodeApp Storeでインストールします。
右上の検索窓から検索してインストールしましょう。

Command Line Tool

RubyRailsコンパイルするためにCommand Line Toolをインストールする必要があります。

ここで注意なのは必ずHomebrewよりも前にインストールしてください。


ターミナルで以下のようなコマンドを打つ。

$ xcode-select --install


するとダイアログが表示されるので「インストール」ボタンを押してインストールしましょう。


Homebrewのインストール

次にHomebrewをインストールしましょう。

Homebrew — OS X 用パッケージマネージャー

公式サイトにアクセスして書いてあるスクリプトをコピーしてターミナルにそのまま打ち込みましょう。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"


インストールが完了したら以下のコマンドを打つ。

$ brew doctor


「Your system is ready to brew」のようなメッセージが表示されたらインストール成功です。


rbenvとruby-buildをインストール

Homebrewのインストールが済んだので複数のRubyのバージョンを管理するrbenvとrbenvに必要なruby-buildをインストールしましょう。

$ brew install rbenv
$ brew install ruby-build


次に.bash_profileでrbenvが初期化されるように以下のコマンドを打つ。

$ echo 'eval "$(rbenv init -)" ' >> ~/.bash_profile


上記のコマンドを実行するため以下のコマンドを打つ。

$ source .bash_profile

Rubyのインストール

rbenvを使用してRubyをインストールしましょう。

今回は最新のRuby2.3.1をインストールします。もし他のバージョンをインストールしたい場合は各自バージョンを読み替えてください。

$ rbenv install 2.3.1 (好きなバージョンでOK)


インストールが済んだらRubyを使えるようにするために以下のコマンドを打つ。

$ rbenv local 2.3.1 (インストールしたバージョンを指定)


きちんとインストールできたか確認。

$ ruby -v
ruby  2.3.1

Railsのインストール

いよいよ最後のステップです。RubyGemsRails本体をインストールしましょう。

今回は例として最新のRails5をインストールします。もし他のバージョンをインストールしたい場合は各自バージョンを読み替えてください。

$ gem install rails --version "5.0.0" --no-rdoc --no-ri


インストールが済んだらきちんとインストールできてるか確認する。

$ rails -v
Rails 5.0.0

Railsアプリをつくってみよう

Railsの開発環境ができたので初めてのRailsアプリを作ってみましょう。


まずRailsアプリ用のフォルダを作りましょう。

$ mkdir rails


そしたら移動してアプリを作成する。

# 上で作ったディレクトリに移動
$ cd rails

# アプリを作成
$ rails new sample


それではサーバーを立ち上げてみましょう。

Railsのサーバーを立ち上げるためには、作成したアプリに移動して「rails s」というコマンドを打ちます。

# アプリに移動
$ cd sample

# サーバーを立ち上げる
$ rails s


するとメッセージがいくつか表示されますが、その中にある

=> Rails 5.0.0 application starting in development on http://localhost:3000

というメッセージにあるURL(http://localhost:3000)をコピーしてブラウザのアドレスバーに貼り付けてアクセスする。


それでRailsのWelcomeメッセージ画面が表示されたらRailsのインストールが成功です。


これでRailsの開発環境をローカルにつくることができました。



本日は以上です。